朝起きると頚が痛くて動かせないという患者さんがみえました。

皆さんも一度や二度、朝起きると首が痛い、動かせない、

ひどい人は顔が曲がった状態で真直ぐ出来ない、

真直ぐすると激痛が走る等の経験があると思います。

私もたまに?あります。

いわゆる寝違えです.

原因として眠っているときの姿勢が

大きく関与しているといわれています。

横向きで寝ることが主な原因です。

通常、人は眠っている場合、常に体のポジションを

無意識に変えながら眠っています。

同じ体位のまま眠りにつき一部分に大きく負担をかけ続けてしまうと

頸部に過大な負担がかかり炎症を起こしてしまうことが原因なのです。

詳しく説明しますと寝違いを発症する原因としては、

「睡眠時の腕の位置」

の影響が大きな関していると言われています。

頚から出ている神経が枝分かれして上肢に流れつかさどっています。

寝ている際この上腕を圧迫する事で神経に負荷がかかり、

頚の炎症を発生して痛みをもたらしている

可能性があると今言われています。

*前腕から手指に痺れなどの症状がある場合は頚椎損傷を確認する事が重要です。

次回は予防法及び自宅で出来る治療法をと考えています。

乞うご期待!