東京メトロ東西線「葛西駅」から徒歩10分。首・肩・腰・膝・足、全ての痛みご相談ください

肘手指

肘手指

●上顆炎

テニス肘と呼ばれていることが多く、
正式な症状名は上腕骨上顆炎です。
テニスをやっておられる方だけでなく、
家事作業や手を使う軽作業動をなさる方、
パソコン操作をなさる方々にもよくみられる疾患です。
これは肘の外側にある骨の隆起部分についている筋肉の使い過ぎによる炎症です。
上腕骨外側上顆炎の症状は、物を持ち上げる瞬間に肘が痛くなるとか
物をねじる瞬間に肘が痛くなるなどの症状が見られます。
安静時には痛みは出てきません。
ストレッチなどが重要ですが、痛みが強い場合は、早めの受診をおすすめいたします

 

●腱鞘炎

親指の付け根(手関節部)の痛みです(狭義)
一般的には手や指を使い過ぎることで発症すると言われております。
特に妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じます。
手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのが特徴です。
ピアニストや美容師、パソコンキーボード(使い過ぎ)など職業病とも
言われております。
今ではパソコンやスマートフォン等の普及によって
キーボードやメールを打つ機会やその時間がどんどん増えています。
そのため仕事でパソコン作業を日々している人など
タイピングによる指の使いすぎによって腱鞘炎になりやすいといわれています。
その他本人の筋力に対して大きな負担が長時間に渡ってかかる場合や
運動不足などがあります。
使いすぎ症候群で痛みが取れにくくため、なるべく手の使う量を少なくして頂き
早めの治療をおすすめいたします。

 

●バネ指(弾発指)

指の付け根の腱にコブができて、指の曲げ伸ばしの際に痛みや引っかかり
(バネ現象)が現れます。特に朝症状が強いです。
朝症状が強い場合は温浴が効果的です。
治療としては
当院のような物理療法
注射治療
日帰り手術があります

 

●突き指

突き指とは原因であり、怪我の病名ではありません。
骨折、脱臼、靭帯損傷(断裂)があり早めの受診をおすすめいたします。

 

●手指の痺れ

●肘部管症候群
肘の内側で神経(尺骨神経)が慢性的に圧迫や
牽引されることで発症します。
麻痺の進行により症状が異なります。
初期は小指と環指の一部にしびれた感じがでます。
麻痺が進行すると手の筋肉がやせてきたり
小指と環指の変形がおきてきます。
このような場合は早めに当院までお越しください。

 

●手根管症候群

手首掌部に手根管というトンネルが有りその中に入っている正中神経が
圧迫され痛みや痺れが現れる疾患です。
女性に多く特に妊娠出産産期、更年期の女性が多く来院されています。
そのほかにも仕事やスポーツなどでよく手を使う人や
手首の骨折を経験したことがある人
長期間に渡って人工透析を受けている人などもなりやすいです。
診断としてティネルサインテスト、ファーレンテストを行います。

 

●ヘバーデン結節

指の第1関節(DIP関節)が変形し曲がってしまう原因不明の疾患です。
一般に40歳代以降の女性に多く発生します。
示指から小指にかけて第1関節が赤く腫れたり、曲がったりします。
変形時には痛みが伴います。
※リウマチではありません

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3680-1154 受付時間 9:00 ~19:00 (土曜13:00まで)
[ 休診:日・祝日 ]

PAGETOP
Copyright © もも整骨院 All Rights Reserved.