東京メトロ東西線「葛西駅」から徒歩10分。首・肩・腰・膝・足、全ての痛みご相談ください

成長痛

■オスグッド・シュラッター病

10歳から15歳ぐらいの小・中学生特に男子に多く発症します。
スポーツ活動性の高い、特にジャンプ競技のバスケットボール、バレーボール
体操競技、サッカー選手などが多く発症します。
成長期において激しい運動をすると骨の成長が筋肉の成長に追いつかず、
お皿の下の骨脛骨粗面を膝蓋靭帯が牽引し炎症を引き起こします。
繰り返し負荷がかかり症状が悪化すると脛骨粗面が剥離骨折します。
(エレハントノーズ)
ストレッチ、テーピングが有効です。

 

■踵骨骨端炎(シーバー病)

成長期においてでスポーツをする小学生高学年に多い疾患です。
骨端核がまだ残っている年齢の時に繰り返される踵部分での衝撃が
原因だといわれています。
もともと軟骨の多い子供の骨は衝撃に弱く腱による強力なけん引力がかかると
軟骨部分では容易に骨がはがれてしまいます。
膝においてはオスグッド病がよく聞かれますがそれとよく似た病態だと
考えていただくとわかりやすいかと思います。
インソールも有効です。

 

■第一ケーラー病

足の土踏まずの骨(舟状骨)が変形突出してくる疾患です。
小学生の男子に多く、また扁平足(回内足)の子に多く見られます。
インソールも有効です。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3680-1154 受付時間 9:00 ~19:00 (土曜13:00まで)
[ 休診:日・祝日 ]

PAGETOP
Copyright © もも整骨院 All Rights Reserved.