東京メトロ東西線「葛西駅」から徒歩10分。首・肩・腰・膝・足、全ての痛みご相談ください

スポーツ外傷・障害

野球肩・野球肘

■テニス肘上顆炎

テニス肘と呼ばれていることが多く、正式な症状名は上腕骨上顆炎です。
テニスをやっておられる方だけでなく、家事作業、手を使う軽作業動をなさる方や
パソコン操作をなさる方々にもよくみられる疾患です。
これは肘の外側にある骨の隆起部分についている筋肉の使い過ぎによる炎症です。
上腕骨外側上顆炎の症状は、物を持ち上げる瞬間に肘が痛くなるとか、物をねじる瞬間に肘が痛くなるなどの症状が見られます。安静時には痛みは出てきません。
ストレッチなどが重要ですが痛みが強い場合は、早めの受診をおすすめいたします。

 

腰椎分離症 すべり症

■分離症

成長期にハードなスポーツなどで腰に大きな負担がかかり椎体と椎弓が疲労骨折を
起こしていることを言います。
症状としては後屈痛、スポーツ時の疼痛があり第5腰椎に多いです。

■すべり症

分離症を放っておくとすべり症なってしまうことがあります。
成長期の腰痛ですべり症になると厄介な事となってしまいますので
早めの受診をおすすめします

 

■膝関節靭帯損傷

 

■内側側副靭帯損傷、十字靭帯損傷

コンタクトスポーツやスキー、バスケットボール、サッカー、バレーボールなどで、ジャンプの着地の際に膝を捻る動作、ピボット動作で、靱帯が損傷されやすい傾向があります。
症状によりⅠ度〜Ⅲ度に分類され、Ⅰ度Ⅱ度は保存的治療で問題ないですが、
Ⅲ度になると靭帯が断裂、靭帯が自然と再生することはないため手術が
必要になります。

 

■半月板損傷

やはりスポーツで発症し易い疾患です。
特徴的な症状として
膝崩れ(giving way)
嵌頓症状(locking)
ひっかり感(catching)
半月板の断裂が大きい、または上記の症状が強い、靭帯損傷との合併がある場合は
手術適応のことが多いですが、半月板には、軟骨にかかるストレスを減らす重要な
役割があるため出来る限り温存する(残す)ことが重要です。
以前は、半月切除術が主な治療法とされていましたが、半月切除後に長期間経過観察すると程度の差はあれ必ず関節軟骨が傷むことから、現在では温存を目的とした治療が重要視されています

 

■ジャンパ膝ニー膝蓋靭帯炎

過度のスポーツやジャンプを行うことで膝蓋靭帯が炎症を起こす疾患です。

 

■鵞足炎・腸脛靭帯炎・シンスプリント

ランニング等のスポーツで引き起こす障害です。
膝の使いすぎ(オーバーユース)と、良くない姿勢、アライメントや動作フォームの改善することで予防と再発防止になります。インソールも有効です。
シンスプリントの場合は、無理をし競技を続けていると脛骨の疲労骨折になってしまい、通常の骨折の2−3倍骨癒合に時間がかかります。

 

■肉離れ

肉離れ(筋断裂)とは、スポーツ時等で筋肉の収縮動作が急激におこなわれることで筋肉が耐えきれずに断裂してしまうことです。
好発部位として、上腕二頭筋、ハムストリング(大腿二頭筋)、下腿三頭筋が多いです。やはり応急処置としてRICEの法則が必要です。化骨性筋炎に注意が必要です。

 

■チャリーホース

コンタクトスポーツで多い大腿部の打撲です。
コンパートメントの内圧上昇が生じますので、受傷直後に速やかに膝関節最大屈曲位の保持、RICEの法則が必要です。

 

■アキレス腱断裂

スポーツをしている際の踏み込み、ダッシュ時などで下腿三頭筋が急に収縮したときや、着地時に筋肉が伸ばされたりした際によく起こります。
断裂時には、 バキッという音が聞こえたり、後ろから蹴られた、ふくらはぎをバットで叩かれたような衝撃や感覚があり、激痛が走ります。
アキレス腱が断裂すると足のほかの筋肉などがあるため、完全に歩行不能にはなりにくいですが、つま先立ちができなくなります。治療としては保存的治療と手術があります

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3680-1154 受付時間 9:00 ~19:00 (土曜13:00まで)
[ 休診:日・祝日 ]

PAGETOP
Copyright © もも整骨院 All Rights Reserved.